2023年2月1日水曜日

『2月・・備えあれば 如月』

 

 中学時代の社会科の成績は芳しいとは程遠く・・今更ながら、人類が生きるために与えられた条件が地理、自己保存本能により培ってきた時間が歴史と考えられればもっと興味を持って学べたのかなと反省(*_*)・・からのぉ話は非常食へ展開!
 昨今、地球上の気候も世界の社会情勢も不安定(大きく出ました)。歴史的に見ても「かつてない」何かが起きる可能性は高まっていると感じます。水も電気も止まり、家にも帰れない状況下で何日も過ごすのはかなり大変。一応診療室では非常食を備蓄しています。その消費期限が1年を切ったので食べてみることにしました。定番のカレーはもちろん、中華丼やシチューなどもスタッフからのリクエストで揃えていましたが、私に回ってきたのが和風ハンバーグライス。微妙だなぁと思いつつ頑丈な包装を開けて説明書通りにおかずとご飯のパックをビニール袋に入れ発熱材を仕込み待つこと30分。パッケージの写真通りの物が出来上がりました。おまけにちゃんと温かい!味も良いのですが半分食べた後、診療室に置いてある胡椒で味変をしてさらに美味しくいただきました。これなら数日耐えられそう~人類はこうして危機を乗り越え歴史を積み重ねるのだというのは少々大げさ?ご馳走さまでした(^^;

2023年1月1日日曜日

『1月・・2023年(令和5年)睦月』

 十二支の「卯」という漢字はもともと方位や時刻を表していたものにウサギを当てはめただけなので、動物の兎とは関係ないのですが、この年に生まれた人にはウサギのイメージがあっているように思えるのは不思議です。小学生の時に学校で子ウサギを2羽飼育していて、夏休みの間、持ち回り当番で預かったことを思い出します。臭いもなく鳴きもせずフワフワした毛が可愛いくて、餌の野菜を切ったりコロコロとしたフンを掃除したりと面倒をみたのですが、2日間では懐いてもらえませんでした。だからウサギ年の人のイメージは物静かで上品な個人主義。これ意外と占いに一致しているんですよね。今年の年賀状は「ウサギとカメ」です。教訓めいたこの童話でウサギの役どころは油断キャラ。でも実はカメにやる気を起こさせるために挑発してレースをし、最後に自信を持たせるために勝たせた有能な指導者かもしれませんね。月間カッセ田中様、イラストレーター相馬様に今回も感謝です(^^)