2021年3月2日火曜日

『3月・・吊るし雛にかける思い  弥生』

 

 待ち合わせのため、東京医科歯科大学の真向かいにある東京ガーデンプレイスのロビーに入ったところ(これについては次回のブログでご説明しますね)綺麗な吊るし雛が所狭しと展示されていました。五穀豊穣や子の健やかな成長など、願いを11つの雛に託して吊るしたもので、江戸時代からあるのだそうですが、雛人形というより布で立体に作られたミニチュアのデザイン性が高く、現代アートと通じるものを感じました。何気なく見た説明書きに「ギネス世界記録認定」と書いてありましたのでパチリと撮影。家に帰ってから拡大して読んでみたら「あら、しまった」。ギネス記録の吊るし雛は金屏風の後ろに隠れて見えない巨大ツリーの様なもののことだったらしい、雛の数はなんと2万超!うーんもう一回出向くかなぁ


2021年2月1日月曜日

『2月・・節分が動いて宇宙に触れる 如月』

混雑を避けるため“恵方巻”の予約をしたら、何と今年は22日!23日の間違いでは?と言いたいところをぐっとこらえ、帰宅早々ググってみました。

前回は1897年明治30年(124年前)。どうやら節分(というより立春)がずれる理由は「うるう年」と同様に二十四節気に当てはめた運用に関係あり。1年が365日(8760時間)より約5時間4846秒ほど長いため、この時間差を修正しているのが「うるう年」。ところが、4年に1回うるう年を設けていると今度は1年で1114秒ほど足りなくなり、今年この誤差を修正して立春を23日に前倒ししたので節分は22日となりました。

ところで、24時間(86,400秒)を1114秒(674秒)で割ると約128.19・・「次回は128年以上先かぁ、もう経験することはないだろう」と思っていたら予想を裏切り「うるう年」の翌年である2025年、2029年の節分も22日。でもこれって面倒ではないですか?(^^;

 二十四節気(国立天文台ホームページより)



 

2021年1月1日金曜日

『1月・2021年(令和3年)睦月』

元旦は新しい年を始めるステージとして素晴らしい習慣だと思います。31年目に入りますが、まだ振り返るには浅過ぎます。「空振り恐れずモウダッシュ!」
今年もよろしくお願い致します。